投稿日:

専業主婦でもクレジットカードやキャッシングが持てる

家計をやりくりする主婦にとって、お金の管理や毎月の支払いの管理は頭の痛い問題です。
しかしそんな専業主婦でも、クレジットカードやキャッシングは身近なところで持つことができます。
特にパートで安定した収入があればクレジットカードやキャッシングの審査が通りやすく、場合によっては家族にばれずにお金を借りることができます。
クレジットカードの場合、どこかのデパートやお店のポイントカードにクレジット機能が付いているものがあります。そのようなものの場合、少ない収入でも安定して収入が見込める場合には、ショッピング枠を低めに設定することで、カードを持つことができます。
手続きの際には、自分の収入を証明できるものがあれば審査の手続きを申し込むことができます。
キャッシング枠の場合、できるだけ限度額を低めに設定することで審査を通りやすくすることができます。
クレジットカードを手にした後でも、年収に応じて限度額を増額できますので、まずは審査を通過して、カードを持つことから始めます。
カードを手にしたら、少額での取引にとどめておきます。このとき使いすぎてしまうと、返済が大変になり、計画を立てるのが難しくなります。
カードでの取引を始めてから数年経過したときに、限度額の増額の手続きを行います。
このとき自分の年収が分かる書類があると良いでしょう。源泉徴収票があると便利です。取引実績と返済実績により審査が行われ、審査に通過すると限度額が増額されます。